WiMAXのルーターの比較は感度だけでなく速度やプロバイダも重要

WiMAXのルーターの比較は感度だけでなく速度やプロバイダも重要

61view

2018.06.17

WiMAXのルーターの感度

機種による感度の差をチェック

WiMAXのルーターを選ぶ際に、感度のよさが気になるところです。無線通信のポイントは、通信速度とつながりやすさ、通信の安定性にあるといえます。WiMAXルーターの感度が悪ければ、肝心なときに通信ができなくなったり、途切れ途切れの通信になったりするおそれがあります。

そこで、WiMAXルーターを契約する際には、感度の比較をすることが重要となります。主なWiMAXルーターには、モバイルユースのものとホームユースのものがありますが、感度の点でいえば、どちらのタイプがどうというよりは、機種・シリーズによる差の方に注意すべきかもしれません。

W05とW04の概要と感度

Speed Wi-Fi NEXTシリーズとして市場投入されているWiMAXのルーターW05はHUAWEIが製造しているルーターで、モバイルユースの製品です。W04も同じくHUAWEI製のルーターですが、形状がまったく異なるスティックタイプの携帯性に優れたルーターとなっています。接続感度は2機種とも良好といえるでしょう。使用可能な回線は、WiMAX2+とau 4G LTEです。

WX04とWX03の概要と感度

Speed Wi-Fi NEXTシリーズのWX04はNECプラットフォームズの製品で、アンテナ内蔵のクレードルを装着することにより、室内でのWiMAX2+利用に向いている高感度のルーターといわれています。また、最大で13時間も長持ちするバッテリーが特徴で、WiMAX2+とau 4G LTE 対応です。WX03も同様に室内利用に強いアンテナ搭載タイプですが、auの4G LTEには対応していません。

L01Sの概要と感度

Speed Wi-Fi HOMEシリーズの製品としてリリースされているのが、HUAWEIのL01sです。40台の端末に対応しており、プラス2台の有線接続も可能となっています。WiMAX2+とau 4G LTE対応です。ホームユースの製品だけに、余力があるというべきか、感度の問題はないようです。

U01の概要と感度

Speed USB STICKとして送り出されているU01はスリムなスティック型のWiMAXルーターです。これもHUAWEI製品のひとつです。感度についての特別な話はないようです。

感度の差があっても小さい

このように、接続感度については、WX04とWX03が室内の接続に強いといわれています。しかし、他のルーターが劣っているという話でもないようです。WiMAX2+では、ルーターの違いによる感度の差が大きいという話にはなっていません。

WiMAXのルーターに速度差はあるのか

速度の差は感度の差と同じ結果にもなる

続いては、WiMAXのルーターの速度差の比較です。速度に大きな違いがあれば、利用中にストレスを感じるなど、結果として感度に差があるのと同じような状況になることが考えられます。

W05とW04の速度

W05は下りの最大速度708Mbpsを誇っており、このハイスピードはWiMAX史上で最速とされています。この速度は、WiMAX2+での速度558Mbpsとau 4G LTEでの150Mbpsを同時に使ったときのものです。また、上り最大速度も75Mbpsと高速を発揮します。

W04は下り最大で440Mbpsとこちらも高速の部類です。ただ、後継機であるW05の超高速と比較すれば、見劣ることは否めません。上りは最大で30Mbpsです。もっとも、形状の違いがあるため、ニーズの違いから棲み分けができる可能性もあります。

WX04とWX03の速度

WX04は下り最大440Mbpsと、WiMAX2+対応のルーターとしては標準的なスピードを確保しています。上りは最大で30Mbpsです。また、WX03も速度的にはWX04とまったく同じ最大数値となっています。

L01Sの速度

L01Sも標準的な下り最大440Mbps、上り最大30Mbpsという速度を持っています。やはり、この機種は速度よりも接続台数の多さによって感度のよさを発揮するタイプだといえるでしょう。

U01の速度

下り最大220Mbpsの速度は、一般的なWiMAXルーターが440Mbpsであるのに比べて半分という数字です。ただ、USBタイプのマシンであることを考えれば、十分なスピードを持っているといえます。

速度差は納得できる範囲

WiMAXルーターは、ほとんどの機種において下り最大440Mbps、上り最大30Mbpsという数字になっていました。その中で、最新の機種であるW05のみが合算で708Mbps、WiMAX2+単独での558Mbpsという超高速を実現しています。

このことから、440Mbpsの機種なら十分な速度だということができるでしょう。また、U01のように220Mbpsしか出せない機種も存在しますが、USBで使用するという特性があり、それぞれのニーズに応じた納得の速度だと考えることができます。

また、この種の通信速度でいう最大速度とは、ベストエフォート型の速度であるため、必ずしも最大速度が出せるわけではなく、設置環境や接続する機器の影響などもあって、まったくスピードが上がらないということも起こり得ます。

そのため、カタログスペックでは下の機種の方が高速になるケースもないとはいえないでしょう。いずれにしても、ここでチェックした数字であれば、遜色はないものといえます。

WiMAXのルーター選びとプロバイダ

お目当ての機種があるとは限らない

さて、ここまでチェックしてきたWiMAXのルーターですが、すべての機種がどのプロバイダでも契約できるわけではありません。とはいえ、どのプロバイダでも主要なルーターをラインナップしており、多くは選択肢に入っています。その中で、特定の機種については、取扱いのあるプロバイダが限られている可能性があるということです。

プランによって機種が決まる部分もある

もう一点、同じプロバイダであっても、契約するプランによって選べるWiMAXルーターが決まってくるという面があります。たとえば、2年契約のプランで選べる機種と、3年契約のプランで選べる機種という区別です。そのため、2年契約を考えていても、希望する機種が3年契約用となっていれば、どちらをとるか決めなければなりません。

ただ、別のプロバイダで同じ機種が2年契約可能となっている可能性も考えられます。この場合は、プロバイダ自体を考え直すかどうかという選択にもなってきます。 このように、WiMAXのルーター選びには比較すべき要素が多く、じっくり検討することが求められます。

主なプロバイダとルーターラインナップ

4プロバイダと8機種

それでは、主なプロバイダとルーターのラインナップを確認しておきましょう。

Broad WiMAX

Broad WiMAXは、Speed Wi-Fi NEXTシリーズのWX04とW05、Speed Wi-Fi HOMEシリーズのL01sを揃えており、最新機種中心の取扱いとなっています。また、3機種とも3年プラン限定です。

BIGLOBE WiMAX 2+

BIGLOBE WiMAX 2+のラインナップは、WX04、WX03、W05、W04、L01s、L01となっており、新旧両機種を揃えている形です。WX04とW05、L01sについては3年プランで選択可能となっています。

3WiMAX

3WiMAXも最新機種3機種を取り扱っていますが、W05、L01sともうひとつはU01になっています。契約期間は4年と2年があります。

GMOとくとくBB

BIGLOBE WiMAX 2+と同じくWX04、WX03、W05、W04、L01s、L01を揃えているのがGMOとくとくBBです。その他にも、W03、W02などがあり、端末の多さが特徴といえます。

エリア判定も重要

最後に、プロバイダやルーターのスペックも重要ですが、実際に使用するエリアにおけるサービスの可否も重要です。サービス境界にある場合、使えそうに感じても感度が悪くなるなど、トラブルの可能性が考えられます。
※記事中のデータは2018年5月1日現在のものです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る