WiMAXのキャンペーンでLTEオプションとエリアを比較

WiMAXのキャンペーンでLTEオプションとエリアを比較

80view

2018.06.17

どこが違う?WiMAXとLTEの4つの違いを事前にチェック

速度、繋がりやすさ、通信エリアとキャンペーンを比較

通信に大きな違いのあるWiMAXとLTE。大きく分けると4つの違いがありますが、通信を比較してみると、通信速度はどちらも快適で、大きな相違は見られません。

また、一番気になるポイントでもある「通信エリア」は、各プロバイダの情報やWebサイトから実際にチェックすることがおすすめです。契約前に気になることが多いのはこの2点ですが、ほかにも繋がりやすさやキャンペーンもポケットWi-Fi選びのポイントになります。

WiMAXとLTEの違い:速度

ポイントとなるWiMAXの特徴とLTEの特徴を分かりやすく比較して、それぞれのポケットWiFiをチェックしてみましょう。

WiMAXとは

「WiMAX」とは、プロバイダにおける通信規格の名称です。通信規格といってしまうと難しいものがありますが、「通信の種類」ともいいかえることができるかもしれません。通信の種類となると、LTEや3Gなど速度や繋がりやすさに合わせた名称の種類のものあります。

現在は、WiMAXの中でも通信速度に特化した「WiMAX2+」が主流になってきました。最高440Mbps という速度を持つWiMAX2+は、LTEとも変わらないほど速さを感じるとされています。動画やダウンロードの早さが、かなり快適になり高く評価されています。

LTEとは

「LTE」とは、3G回線の見直しをした種類ともいえる、英語の「Long Term Evolution」の略称。4GLTEともいわれているように3Gよりも進んだ通信手段です。通信の早さでいえば、ポケットWiFiによって速度は異なりますが、261Mbpsが主流になっており一般に出回っています。ポケットWiFiを検討しているときには、LTEは種類だけではなく速度や繋がりやすさも変わってくるのが特徴です。

そこで、すべてのLTEポケットWiFiが同じではなく、プロバイダによってスマホのLTEと異なるということはポイントとなる点をチェックしておきましょう。WiMAXとLTEそれぞれが、個別の通信回線を使ったポケットWiFiを持っており、プロバイダごとに数多くの通信回線が存在するということになるのです。

繋がりやすさで選ぶならLTEがおすすめ!

90%のエリアをカバーして安定した高速通信なら優秀

繋がりやすいポケットWi-Fiとなると、市街地を中心にある程度のエリアをカバーできることや圧倒的な速さの通信速度、そして、全国のどこにいてもほとんどの通信エリアをカバーできていることなどが大切です。かなり広い範囲をカバーできるプロバイダであっても、月ごとに使用できる通信量が決まっていると制限されるタイプがあります。

また、通信エリアが広く繋がりやすいことが人気でも、月ごとの料金が高すぎると契約は躊躇してしまう人も少なくありません。そこで、繋がりやすさをポケットWi-Fi選びのポイントにするなら、都市部を中心に90%のエリアをカバーできること、安定した高速通信などをチェックしてみましょう。

各プロバイダもエリア改善が進められています。現時点では山岳部はエリアとして除外されることが多いですが、都心部を中心に繋がりやすさを確認してみることはおすすめです。

WiMAXとLTEの違い:繋がりやすさ

WiMAXの繋がりやすさ

ポケットWi-Fi選びで注目されるWiMAXは、使い放題のデータプランや最大440Gbpsの高速通信が特徴となっています。これは、各プロバイダと比較しても、とても大きな魅力です。もうひとつの魅力は、「3日間で10GB」という、ゆるい制限が関係しています。そのため、繋がりやすくても制限のでてしまう通信制限も気にせずに使いこなすことが可能になります。

LTEの繋がりやすさ

プロバイダ各社が開発中の山岳部でも繋がりやすく、広さをポケットWi-Fi選びのポイントにしたい方におすすめサービスのLTE。しかし、通信が一定量超えると速度が落ちてしまうので、大量に通信する方にはおすすめでないというデメリットもあります。

山岳部でも繋がりやすいということは、LTEの周波数が「プラチナバンド」と呼ばれる一般的な2GHz周波数よりも繋がりやすいことに関係しています。700MHz~900MHz低周波数は、障害物を回り込むという特徴があるので、屋内や山岳部問わず繋がりやすいといえるのです。

WiMAXとLTEの「通信エリア」は重要なチェックポイント

意外と重要なポケットWi-Wiの通信エリア

電波がしっかりと繋がるかどうかは、ポケットWi-Fi選びの重要なポイントになります。料金やキャンペーンで決めてしまったため、ご自宅が繋がりにくい場所だったということも。通信容量に問題がなかったとしても、通信サービスのエリア外では残念。

屋内であれ、山岳部であれ、通常使用する場所が通信エリアであることを事前に確認しておく必要があります。そこで、お住まいの地域やご自宅、通勤途中のルートなどが、快適に繋がるエリアかどうかをチェックしておきましょう。

WiMAXとLTEの違い:通信エリア

WiMAXの通信エリアとは

首都圏を含め、多くの主要都市の通信サービスエリアをカバーしているWiMAX。LTEと比較すると通信対応エリアが少し狭くなりますが、繋がりにくいといわれるほどの事例は少ないようです。山岳部での通信にはある程度差がみられたとしても、大きな差はないといえるのかもしれません。

LTEの通信エリア

プロバイダ各社と比較しても繋がりやすさという対応では優秀なのがLTEです。もちろん、WiMAXと比べても接続のしやすさを考えると、対応エリアのカバーは抜群といえるかもしれません。これは、LTEの基本回線が携帯電話を利用した設計になっていることに関係しています。つまり、携帯電話の基地があって繋がるところであれば、LTEも繋がるということになるからです。

キャンペーンは圧倒的にWiMAXの方が大きくお得

キャンペーンを活用!WiMAXがいい?それともLTE?

ポケットWi-Fiのキャンペーンは、月ごとに変わることがあり、違いがあるのでこれが一番という断言は難しいかもしれません。しかし、キャンペーンのポイントを料金にするなら、WiMAXはお得なキャンペーンを展開しているといえます。

WiMAXのキャンペーンが多い理由は、利用期間や割引金額などを中心に、特化していることに関係しているでしょう。そこで、WiMAXとLTEのキャンペーンの具体的な例をチェックしてみるのはおすすめです。

WiMAXとLTEの違い:キャンペーン

WiMAXのキャンペーン

通常のプランでは、毎月の料金平均は約2,583円になりますが、ギガ放題プランになると約3,015円になります。このギガ放題プランを考えると、プロバイダ各社と比較しても同一月間であれば、低料金で速度の速いWiMAX。さらに、通信料が多く、制限速度を気にせず使いたいならWiMAXはおすすめです。

LTEのキャンペーン

繋がるエリアが広く、毎月の通常プランが約2,678円になるLTEのキャンペーン。「+アドバンス」プランを選ぶと、使用容量は増やせますが、料金価格は毎月平均約4,729円になってしまいます。WiMAXとLETでは、通信規制がなくなりましたが、カバーエリアでは断トツのLTEでも、使い放題には向かないのかもしれません。

総合的にみるとWiMAXはおすすめ

WiMAXとLTEでは、ポケットWi-Fiとしては通信速度や通信サービスのエリア、容量にも大きな違いはないかもしれません。そのため、主要都市や首都圏では同じように使用できるインターネットとして違いが少ないなら、毎月の使用量でポケットWi-Fi選びが決まりそうですね。

動画の再生や頻繁にインターネットをPCでも使用する場合は、通信量や月間の速度が変わらないWiMAXはおすすめといえます。WiMAX回線とLTE回線では、どちらも人気のある通信手段です。使用する場所だけでなく、どのくらいインターネットへの接続があるかということもプロバイダ選びの決め手になります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る