WiMAXのポケットWi-Fiのエリアとおすすめの使い方を比較

WiMAXのポケットWi-Fiのエリアとおすすめの使い方を比較

36view

2018.06.17

Wi-Fiはプロバイダによって使えるエリアが変わる

モバイル通信サービスのエリアを確認するのは重要!

ご自宅や職場や通勤ルートなど、いつもいる場所でインターネットがつながっていれば、モバイル通信のエリアかどうかなどは、気にしないかもしれません。しかし、ポケットWi-Fiを購入したり、検討したりしているときは、モバイル通信サービスのエリア内かどうかはとても重要です。もし、通信サービスのエリア外になると、ポケットWi-Fiは意味がなくインターネットの接続ができず、つながらないことになります。

キャンペーンのページやポケットWi-Fiの一覧を比較

都心部や主要都市でない場合の地方などは、通信サービスのエリア外ということも少なくありません。そのため、各プロバイダの公式ページで通信サービスエリアをチェックしてから、契約することが望ましいでしょう。

最近では、プロバイダごとに通信サービスエリアの拡大が進んでいるので、繋がらないエリアが少なくなっています。それでも、ご自宅や職場など、よく使用する場所が「通信サービスエリア」に含まれているのか、各社のキャンペーンのページやポケットWi-Fiの一覧などを比較してみることは大切です。

WiMAXのポケットWi-Fiの特徴

WiMAX系のポケットWi-Fiの場合、通信や接続の回線は「WiMAX2+」を使用します。「WiMAX2+」の電波は、速度も速く真っすぐに飛びますが、障害物に弱いことが特徴です。そのため、通信サービスエリアも障害物の多いところでは制限されることもあるようです。WiMAXのデバイスによっては、LTE通信に対応することができるものもあるのはうれしいですね。

LTE系のポケットWi-Fiの特徴

LTEの電波は、障害物を回り込んで電波を送ることが可能なため、届きやすいという特徴があります。LTE系のポケットWi-Fiは、各携帯電話会社のキャリアを通信源としています。そのため、携帯電話が繋がるところでは、LTE系ポケットWi-Fiが繋がるエリアという事になるでしょう。

WiMAXのWi-Fiが使えるエリアをチェック!

室内や田舎・地方、地下鉄のそれぞれのエリアを比較

ご自宅での使用が中心となる場合でも、移動していることが多い場合でも、WiMAXの通信サービスのエリア内であれば、ポケットWi-Fiを使うのもおすすめです。場所を選ばず電波を飛ばすことができるので、WiMAXのポケットWi-Fiはご自宅用としても使用しやすいタイプといえるでしょう。

1 室内

ご自宅の室内でポケットWi-Fiを使用する場合、LTEのポケットWi-Fiのほうが、接続や通信の感度がよいとされています。室内にある家具や壁などがあると、電波が安定しないことも少なくありません。Wi-Fiの場合には、ルーターの設置場所を工夫してみましょう。窓際にルーターを設置してみたり、ルーターがおいてある部屋でインターネットを使用したり、接続時や通信の電波が安定した状態で受けられるようにするとよいでしょう。

同じ室内でも自宅とは違い、外出先の場合も電波が弱いということは起こります。ルーターの操作ができないまでも、窓際などで操作をしてみるなどの工夫ができるかもしれません。周囲に高層ビルが立ち並んでいる地域や、壁に囲まれた部屋、窓から離れた室内では、WiMAXの電波が弱かったり、届かなかったりすることもあります。設置場所が電波の弱そうな場所だと思われる場合やこれから購入するときは、LTEのほうが繋がりやすいといえます。

2 田舎・地方

首都圏や主要都市では、ほとんどのポケットWi-Fiで通信サービスエリアをカバーすることができています。99%以上のカバー率が公表されているので、さまざまなプロバイダやポケットWi-Fiの対応が可能で、通信サービスの提供エリアに差はほとんどないといっても過言ではありません。しかし、環境のよい田舎や都市部から離れた山間部では、「接続が悪い」、「電波が届いていない」、「通信が途切れやすい」地域もあります。

現時点では地方のWiMAXはNG

障害物になる高層ビルや建築物がない地方では、一部の携帯キャリアと比較すると、やはり通信サービスのエリア外、サービスの届かない地域があります。今後のエリア拡大に期待できますが、現時点ではLTEのほうが、地方や田舎では繋がりやすいかも知れません。

3 地下鉄

首都圏や主要都市であっても、地下鉄や地下の駅ではポケットWi-Fiの接続や通信が、不安定なのではないかと気になりますよね。そこで、プロバイダ各社は、公式HPにて地下鉄や駅でも使用できることは公表してきました。基本的には、「WiMAX」などは地下鉄でも使用可能です。

しかし、地下鉄や駅も状況が変わりやすく、電車などで動いている走行中やトンネル通過時などは、WiMAXの電波が不安定になり途切れ安いこともあります。そうすると、やはり地下鉄などの場所や移動中でも比較的繋がりやすいのはLTEといえるでしょう。

WiMAXの電波の弱点をカバーするための対処方法とLTE

クレードルや無線LANを経由しWiMAXのための電波をサポート

電波の強度でいえば、LTEの電波よりも劣るWiMAX ですが、ご自宅やオフィスではクレードルや無線LANを中継することで、強化された電波を飛ばせます。LTEと同じ働きができるようになります。

WiMAXのポケットWi-FiはLTE通信もOK

LTEのほうが繋がりやすいとはいえ、ご自宅ではホームオフィスなどの環境では、通信エリア内であるならWiMAXのポケットWi-Fiがおすすめです。WiMAXのポケットWi-Fiがおすすめの理由は、WiMAX端末のデバイスではLTE回線も理由することが可能になります。

LTEよりも狭い範囲でしか電波が届かないWiMAXであっても、LTE対応の機種を選ぶことで通信状態を改善できるのです。さらに、LTE通信の利用は、WiMAXの通信状態が弱いとき、また地方や田舎のエリア、地下鉄など、通信エリア内だとしても、LTE対応端末を採用しておくと安心できるかもしれません。

WiMAXでLTEオプションを使用したサポート

オプションを「料金で対応」する場合

WiMAXのエリアで通信の弱さを感じる場合には、端末モードを「ハイスピードプラスエリアモード」へ変更することで対応できます。通常のハイスピードモードから、切り替えて使用した分1,085円(税込)のオプション料金で対応できます。

もし、WiMAXの通信エリア外で接続したり通信したりすることが多い場合は、オプション料金が別途となる方法で契約することもできます。このオプション料金がかからない方法は、WiMAXの購入時の契約を3年にすると、すべて無料になります。これもひとつの方法です。

オプション使用で「データ量に上限が設定」

「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えて使用すると、通常モードでないために上限が設けられてしまいます。無制限(アンリミテッド)プランであっても、7GBまでの上限に設定されてしまいます。

この場合、通信制限がかかるため128kbpsという低速での通信となってしまうので動画視聴は困難になることがあり、サイトの閲覧もフリーズや反応しないなどのレベルになることがあります。WiMAX回線を元に戻しても、7GBの制限は解除されないため、月末までは遅い速度のまま使うしかありません。

ポケットWi-Fiを選ぶならエリア優先でWiMAXがおすすめ

ポケットWi-Fiの気になるポイントは「速度」より「エリア」

ポケットWi-Fiを利用するとき、気になる大きなポイントは「通信速度」と「通信サービスエリア」の2点といわれます。WiMAX系のポケットWi-FiとLTE系のポケットWi-Fiの場合も、それぞれプロバイダによっても異なりますが、通信サービスのエリアも異なります。

実際に最大受信速度を比較してみると、558Mbps~788Mbpsと各プロバイダごとに異なります。とはいえ、最大速度は理論上の数字で「最高の環境で最大限使える場合」の数値であることを考えると、通信サービスエリアのほうが重要なポイントになるかもしれません。

ポケットWi-Fi選びはWiMAXがおすすめ

ポケットWi-Fiはプロバイダによって通信回線は違いますが、都市部や主要都市では差がないので、ご自分にあったプランやキャッシュバックなどから選ぶことができます。しかし、WiMAXのポケットWi-Fiのように通信のサービスエリアが異なるときは、WiMAXとLTEをしっかりと比較して、ご自分に合うプランを選びましょう。

たしかに、WiMAXの通信が劣るという場合もありますが、LTEにせず端末のみを選んだとしてもLTE回線で高速通信を楽しむことは可能です。また、ポケットWi-Fiを選ぶなら、上限なしのプランや安い料金で使えるWiMAXはおすすめです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る