WiMAXで使い放題を選ぶべき理由と比較検討の具体的プロセス

WiMAXで使い放題を選ぶべき理由と比較検討の具体的プロセス

92view

2018.06.17

使い放題を選ぶならWiMAXのギガ放題

WiMAXサービスを選ぶ前に意識したいこと

WiMAXの使い放題はギガ放題という言葉が一人歩きするほど有名ですが、そのサービスの中身についてはそれほど知られていないかもしれません。WiMAXとは、ポケットWi-Fiの一つです。ポケットWi-Fiとは、持ち運んで使うネット接続の端末のこと。おおむね手のひらサイズで回線のための工事が不要。

これがあるだけで、自宅でも外出先でも簡単に接続が可能になります。ポケットWi-Fiを選ぶ時には、プロバイダ、回線、端末、そして料金、契約の条件(期間の長さ)など、たくさんのことを比較するべきことがあります。ライフスタイルによって、どのポケットWi-Fiのサービスが最適かは違ってきます。

料金だけを見て決められるものはありません。いろんな比較サイトがありますが、その情報のどこを見れば自分にあったサービスを選べるのかということも大事なのです。いろんなポケットWi-Fiの中でWiMAXを選ぶ理由ついて、どの情報が自分にとっての優先順位が高いかを意識しましょう。

WiMAXの使い放題であるギガ放題はどんなサービスなのか?

WiMAXで使い放題を選ぶことを決めたものの、料金表を見ていくうちに、通常のプランと迷うことがあるかもしれません。結論からいうと、WiMAXを選ぶのであれば、ギガ放題プランの一択でしょう。使い放題であるギガ放題プランでは、1ヶ月の通信制限はありませんが、3日間の通信制限はあります。

3日間の合算通信量が一定値を超えると通信速度が制限されるのですが、WiMAXの使い放題では10GBを超えると制限がかかります。けれども、制限がかかった状態でもYouTubeを見る程度の通信速度は確保されます。WiMAXの通常プランでは、1ヶ月の通信制限が7GBに設定され、3日間の通信制限は1GB。

その上、制限がかかった状態ではサイトの閲覧さえ難しい状況になります。7GBは、動画の視聴だけで約4時間半ですし、サイトの閲覧だけなら7,000ページ強です。利用するサイズの量には個人差があり、どのようなライフスタイルかにもよりますが、もし制限GBを超えたらサイトの閲覧は一切できないような通信速度になります。

WiMAXの使い放題の優れている点

WiMAXと他社の使い放題はどう違うか?

他社の使い放題と比べても、WiMAXのギガ放題は使いやすい設定です。他社は3GBを超えると制限がかけられるのに対し、10GBという圧倒的な差があります。通信制限がかかった状態で、サイトの閲覧さえ難しくなるポケットWi-Fiもある中で、YouTubeを見ることができる通信速度を維持できるのは素晴らしいですね。

WiMAXの使い心地は大丈夫なの?

以前のWiMAXを使っていた人の中には、WiMAXは遅くて使いにくいと思っている方もいるかもしれません。実際に使っていなくとも不評を耳にしたことのある方もいるでしょう。現在WiMAXの使用回線はWiMAX2+という新しい回線になりました。旧WiMAXと比較して通信速度は30倍以上です。大きな改善がなされました。

旧WiMAXの回線は、2018年には完全に終了する予定です。今後、WiMAXと契約をすれば、WiMAX2+の回線を使うと考えてよいでしょう。新旧回線の速度を比較して、これだけ改善ができたのには理由があります。アンテナ基地局に対する投資を増やし、通信技術を進化させました。そのおかげで、旧WiMAXとは比較にならないほどの速さを実現したのです。

端末の機種選択

WiMAXで使い放題を選択したら、次には、端末の機種を選びます。そのとき注意したいのは通信速度です。性能を一覧にしているスペック表で確認します。比較サイトを活用するのもおすすめです。機種はどんどん進化していきますので、最新か、一つ前の機種を選ぶとよいでしょう。

キャッシュバックを利用したいのか

ロバイダは様々なキャッシュバックを用意して、他のプロバイダとの差別化を図ろうとしています。利用料金という形で提示されていても、キャッシュバックを受けた前提で書かれているものと、キャッシュバックを想定せずに書かれているものがあります。比較表を見るときには、キャッシュバックを反映させているかどうかを確認しましょう。

契約プランは2年で決まり

プロバイダによっては3年プランといった条件を出しています。この場合、端末の機種変更も3年ごとになります。技術の進歩を考えると3年間同じ機種を使い続けることは避けたいですね。2年契約を選択することをおすすめします。

WiMAXサービスエリア

WiMAXサービスエリアに関しては、公式サイトでマップが提供されています。住所からも検索が可能ですし、フリーワードでの検索も可能です。その際は、WiMAX2+で対応エリアを確認しましょう。自宅だけでなく普段の行動範囲、帰省先なども調べてみるとよいですね。

もしも電波に関して不安があるようならば、WiMAX公式サイトでは、無料で端末を借り受けてWiMAXを試すことができるサービスも提供されています。契約前に不安を解消してから申し込みましょう。

WiMAXでプロバイダ経由を選ぶ理由

もちろんWiMAXを提供する会社の公式サイトからも申し込みは可能ですが、プロバイダを経由したほうが比較的安くなります。公式サイトでは広告費やサポートセンターにかかる費用も多くかかるためです。公式サイトと比較してプロバイダでは集客にかかる経費が抑えられるため、利用者にキャッシュバックをすることができるのです。

プロバイダ料金表はキャッシュバックを受け取った場合で書かれていることがあります。キャッシュバックの受け取り方はプロバイダによって違いますので、その違いをきちんと比較して選びましょう。キャッシュバックは受け取る方法が面倒なこともあります。あるいは、うっかり受け取り損ねたりということがあり得る仕組みになっている場合があります。

例えば、約1年後に届くメールを一定期間内に開き、受け取りの手続きを確実に行う必要があるなど。キャッシュバックを受け取り損ねたら料金表のような安値ではなくなってしまいます。こういうことを未然に防ぐためにも、「キャッシュバックの受け取りやすさ」を複数のプロバイダで比較しましょう。

キャッシュバックの金額とキャッシュバックの手続きの手間とのバランスを考えてプロバイダを選ぶのです。どんなに楽な形でもキャッシュバックは面倒だというのであれば、キャッシュバックを抜きの料金表でプロバイダを選ぶとよいでしょう。

比較サイトを賢く活用して納得の選択

WiMAXをはじめとしたポケットWi-Fiの中から何を選ぶか決めるためには、端末の選択、プロバイダの選択、スマホキャリアによっては特別な割引が設定されていることもあり、多角的に考える必要があります。

料金プラン、端末機種など、比較サイトはたくさんありますが、その情報のうちの何を見るかは、自分で選ぶ必要があります。契約年数は2年がよいとか、機種は最新モデルがよいなどといった共通のおすすめポイントもありますが、各自が判断するしかないポイントもあるのです。

  • 住んでいる地域や移動する範囲
  • キャッシュバックの手間をどう感じるか
  • 普段使いの携帯(スマホ)のキャリアはどこか

これらは自己分析をして判断するしかありません。この基準を意識しながら、比較サイトで最新情報を手に入れてください。コスパというのは、自己分析の結果とすり合わせてから決まるものです。例えば、料金が安くても行動範囲の中で繋がりにくいエリアがあるとしたらストレスで、料金は安いがコスパは低いといわざるを得ません。

実際のキャンペーンや比較サイトを見るときには、自分は何を見るべきなのかという軸をしっかりと持って確認していきましょう。自分のライフスタイルを分析して、比較サイトから必要な情報を集め、最強のWiMAX使い放題ギガプランを手に入れてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る