テザリングとWiMAXはどちらの方が使いやすいのか

テザリングとWiMAXはどちらの方が使いやすいのか

25view

2018.06.17

それぞれにメリットがある

インターネットを利用する際に1番手っ取り早いのは、スマートフォンのテザリング機能を使用することになります。しかし、スマートフォンを稼働させながらPCを使用するのはなかなか不便なことであり、あまりしっくりことないという方も多いです。

自宅や外出先で簡単にインターネットを利用する場合には、テザリングの他にWiMAXと契約する方法がありますので、まだWiMAXとの契約を行っていないならば有力な選択肢になってくるでしょう。テザリングとWiMAXには、それぞれストロングポイントがありますので、まずはしっかりと比較してどちらが自分に合っているのかどうかを確かめてみるといいです。

WiMAXの優れた点とは

それでは、まずはWiMAXの方がテザリングよりも優れている点についてあげていきます。

インターネット利用中の通信速度

通信速度に関しては、インターネットを利用する上で最も重要な問題といえます。速度が遅いとインターネット上の動画はもちろんのこと、Webページに関しても満足に閲覧することが困難になりますので、この点についてはあまり気にしない人でもチェックしておいた方がいいです。

スマートフォンで直接ネットを閲覧している場合、そこまで通信速度については気にならない人が多いですが、テザリングを行うと若干通信速度が下がるのが気になります。一方で、WiMAXはPCをWi-Fiに繋ぐためのデバイスなのでそのようなことはなく、素のスペックで確保している通信速度に関してもスマートフォンを上回っていますので、通信速度に関してはWiMAXに分があります。

速度制限

これは、WiMAXがテザリングを大きく凌駕している要素です。テザリングは、起動してインターネットを利用するだけですごい勢いでデータ通信量が増えていきます。1ヶ月の速度制限までのデータ通信量の限度を3GB程度にすると、数日で制限に至ってしまいますし、動画をよく閲覧する場合は1日で速度制限になってしまうかもしれません。

速度制限が掛かると目に見えてスピードが遅くなるので、できるだけ避けたいところです。WiMAXの場合は数日間で10GB以上が限度になるプランが存在するなど、スマートフォンのデータ通信量と比較すると破格の通信量を誇りますので、まず速度制限になることはありません。

スマートフォンの場合スマホで直接ネットを利用した際の通信量もテザリングと共有することを考慮すると、速度制限を意識する場合は間違いなくWiMAXと契約した方がいいです。

バッテリーの持続力

これもWiMAXがスマートフォンを大きく上回っている要素になります。バッテリー関してはコンセントが近くにある場合充電器に繋ぎながら利用する、といったこと自体は可能です。しかし、充電器に繋ぎながら操作を行うのはバッテリーに負担を掛けるため、基本的には行わない方がいいとされます。

テザリングに関しても充電器に繋ぎながら行うとバッテリーの負担になりますので、できることなら避けた方がいいです。もちろん、充電できない環境でネットを利用しなければならない局面も多いので、バッテリーに関しては無視できない問題となります。

話をバッテリーの長持ち具合に戻しますが、テザリングを利用しているスマートフォンは持って3,4時間程度と非常に短くなっており、モバイルバッテリーを持っていたとしてもかなり不安が残ります。一方で、WiMAXは本体に応じて違いこそありますが、通信速度を速めるモードを使用しても少なくとも10時間以上はバッテリーが持続するものがほとんどなので、バッテリーに関しても優先する場合はWiMAXに分があるといえるでしょう。

テザリングの優れた点とは

コスト面で大きく分がある

いくつか利点が存在するWiMAXと比べて、テザリングを利用する上でのメリットが大きく表れるのはコスト面のみです。これだけ聞くと「コストならあまり気にしないからWiMAX契約をすればいい」と考えるかもしれませんが、結構気を付けなければならない問題があります。

まず、テザリングに関してはスマートフォンにオプション等で基本的についてくるものであり、実質的な金額に関しても数百円程度と非常に安価で利用することが可能です。一方で、WiMAXは月額数千円とスマートフォンと比較すると割高になってしまいます。

スマートフォンの場合はその他のプランも含めて考えるので単純な比較は難しいですが、結構な開きがあることを留意しておかなければなりません。これに加えて、WiMAXはWi-Fi通信、スマートフォンはLTE通信という問題も考えなければなりません。LTE通信はスマートフォンさえ持っていれば、簡単に通信することができるというものです。

その一方で、モバイルWi-FiルーターであるWiMAXの場合は、Wi-Fi通信であるがゆえにインターネットを利用する上ではプロバイダと契約することが必要になります。そのため、スマートフォンがテザリング以外の金額を考慮しなければならない一方で、WiMAXもプロバイダの契約金額を考慮しなければならないのです。

そしてそのプロバイダ契約ですが、コスト面を考えるとかなり悩ましいものになります。契約できるプロバイダは多岐に渡るのですが、プランからキャッシュバックの条件に至るまで、とても細部まで決められているものが多く、どれを選べばいいのか難しいです。

自分に合致しているプランを選択しないと数万円単位で損をしてしまうこともあるので、プロバイダ選びに関してはWiMAXの本体選び以上に難しいものになってきます。基本的には月額料金が安価になっているプロバイダと契約する方がコスト面を考えるといいですが、こればかりは状況に応じて異なってしまうのも事実です。

そのため、コスト面を最重視している場合は難しいプロバイダ選びの必要がなく安価で利用できる、テザリングを選択することも有力な選択肢になります。もちろん、それ以外の面を重視してWiMAXを選択する場合は、プロバイダ選びに関して時間をじっくりと掛けるようにしましょう。

細かいメリット

この他に、LTE通信のテザリングは通信エリアの広さが保証されているというメリットがあります。 しかし、WiMAXに関しても通信エリア自体はしっかりと確保されているため、「テザリングで通信可能でWiMAXで通信不可能」というエリアはほとんどありません。

そのため、通信エリアを基準に選定してもあまり双方に差がつくことはありませんので、比較をして選ぶ場合は前述のポイントを考慮しておけば大丈夫です。

状況によってどちらにするかを決めよう

結論からいえば、バッテリーや通信面に関していえばWIMAX、コスト面を考慮するとデザリングということになります。しかし、お互い上回っている部分のギャップが大きく、インターネットを利用することだけ考えるとWiMAXが大きなメリットを持っているといえるでしょう。

WiMAXを利用する場合であっても、テザリングを利用する場合であってもデメリットは存在するため、がっつり利用するならデメリットの対策を考えておく必要があります。

例えばWiMAXを利用するならコスト面をあまり掛けないように本体やプロバイダを安価におさめる、テザリングなら通信速度やバッテリーに関する対応など、自分自身で上手く補うことが重要になってくるでしょう。ネット社会に昨今では、いかなる場所でもインターネットを利用することができないと何かと不便なことが多いので、納得してネットを利用できる環境を構築したいところです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る