WiMAXを提供するプロバイダのプランを比較!お得に使うコツ

WiMAXを提供するプロバイダのプランを比較!お得に使うコツ

35view

2018.06.18

WiMAXのポイント

WiMAXは利用者に合わせてサービス提供される

まず、WiMAXは通信規格の名称で、WiMAXを使ったサービスを提供しているプロバイダは多くあります。光回線やADSLなど他通信規格のサービスの場合、プロバイダやプランによっては、通信エリアだけでなく、通信速度や速度制限も異なりますが、WiMAXは利用者のニーズに合わせて、プロバイダによってプラン・通信エリア・通信速度・速度制限などがトータルに提供されています。

コンパクトサイズと「WiMAX2+」の通信速度

WiMAX2+は「ポケットWiFi」なので持ち歩けるコンパクトサイズなのと、従来のWiMAXよりも速くなった通信速度が魅力です。しかし、エリア外になる、つまり対応エリアの狭さがあってつながらない場所が都心部でも発生することもあります。

また、周波数が障害物に対応できないこともあり、建物内では通信が不安定になることもあるため、通信速度が遅くなることもあります。それでも、配達後受け取れたならすぐに使用を開始できるサービスで、場所時間を選ばずいくらでも使えるので、速度のある回線が無制限に楽しめるのはお得ですね。

やっぱり料金がポイント!毎月の低料金は譲れない

最近では、ご自宅での固定電話を持たずスマートフォンのみという方も少なくありません。そのため、どこでもいつでもブロードバンドが楽しめて、月額料金が抑えられるプランが注目されています。WiMAXはもちろんのこと、さまざまな機種がいつでもどこでもつながることを条件にしています。毎月の料金が安いことはプロバイダ選びのポイントになります。

各プロバイダのプランに注目

GMOとくとくBB Wimax2+

GMOとくとくBBは、長年サービス提供し続けているプロバイダのひとつですが、今回の「GMOとくとくBB Wimax2+」はポケットWi-FiでもあるWiMAX2+を提供するプランで、比較的新しくできたプランといえます。

値引きと端末代金無料がポイント

GMOの「GMOとくとくBB Wimax2+」の場合、2年契約で月額が最大23,564円相当値引きされるのですが、それに加えてWiMAXの利用を開始するために必須となる20,000円相当の端末の代金も無料になるというサービスも提供されているため、トータルで43,564円相当もお得ということになります。

そのほか、端末が故障しても安心な保障サービスや、公衆無線LAN接続サービスなども用意されているため、加入しておけばいざというときも安心です。

BIGLOBE WiMAX2+

BIGLOBE WiMAX2+はインターネットプロバイダの老舗、BIGLOBEが提供するWiMAXのプランです。特筆すべき点としては、キャッシュバックキャンペーンを高い頻度で行なっているので、よりお得に契約したいという場合はこまめに公式HPのチェックをした方が良いでしょう。

特典に注目

BIGLOBE WiMAX2+には2つの特典が用意されています。ひとつ目は月額料金が2年で最高45,770円値引きされるというものです。もうひとつはアンケート回答と継続利用によってキャッシュバックされるというものです。キャッシュバックの金額はそのときどきによって異なる可能性が高いため確かな金額は書けませんが、現金が戻ってくるという形なので、わかりやすいお得感があります。

キャッシュバックの注意点

特典のキャッシュバックの条件、継続利用についてです。BIGLOBE WiMAX2+のキャッシュバックはサービス利用開始月ではなく、サービス利用開始の翌月から12か月目までを数えて、利用が確認されなければ受け取ることができないので、間違えないようにしましょう。

比較 ポイントはやっぱり「月額料金」

気になる毎月の料金は?

通信量に制限がないプラン同士を比べてみます。

「GMOとくとくBBギガ放題」プラン:1~2か月目は2,590円(税抜)、3~24か月目までは3,344円(税抜)
「Flat ツープラス ギガ放題」:1~2か月目は2,595円(税抜)、3~24か月目は3,880円(税抜)
利用開始から2か月目までは料金面に大きな違いはありませんが、2年目までの月々の料金は、キャッシュバックがないGMOのほうが安くなっています。単純に月額だけを比べるなら、2年間の契約で毎月の費用は500円程度の違いがあります。

ライトプランの比較
月7GBまでという通信量に制限があるタイプのプランです。ネット接続の頻度はそれほど高くないので料金も低く抑えたいという人におすすめです。

  • 「GMOとくとくBB Wimax2+ライトプラン」:1~2か月目は2,590円(税抜)、3~24か月目までは2,690円(税抜)、25か月目以降3,609円(税抜)
  • 「Flat ツープラス」:こちら3年プランになります。1~2か月目は2,595円(税抜)、3~24か月目は3,195円(税抜)、25~36か月目は3,695円(税抜)

BIGLOBEが提供の「Flat ツープラス」について2年ではなく3年契約のプランとなりますので、GMOのライトプランとは少し条件が異なります。2年目までの月額を見ると、GMOのライトプランが500円ほどお得となっています。

気になるギガ放題のトータル料金は?

  • 「GMOとくとくBBギガ放題」78,748円
  • 「Flat ツープラス ギガ放題」90,550円

トータル料金の差額は、11,802円ということになります。こうしてみると、月額料金を少しでも低く抑えたいという点に注目をするなら、GMOとくとくBB Wimax2+のギガ放題プランがおすすめといえるかもしれません。ちなみに通信制限があるタイプのプラン場合、24か月目まではGMOのライトプランが料金面ではお得に思えますが、25か月以降はあまり差がないものとなっています。

最適なプランは料金だけでなく特典内容からも見つけよう

同じWiMAXなので通信面で大きな差はない

BIGLOBEやGMOのプラン内容からでもわかるように、同じWiMAXというサービスを提供しているので通信可能エリアは同じで、細かな特典内容、オプションサービスにはいくらかの違いがあるものの、どのプロバイダと契約してもほとんど同じ仕様でWiMAXによるインターネットが楽しめます。

WiMAXの使用端末にもよりますが、基本的なインターネット速度には変化がないことが多いようです。そのため、キャンペーンや料金で比較してプロバイダを選んでも、大きな差がなく、ほとんど同じということもあります。

WiMAX2+の通信は改善中!今後の通信エリアや価格に期待

キャンペーン中であればさらに低下価格競争や、キャッシュバック料金の上乗せ、契約時の特典付きサービスに違いがあるくらいでしょう。そこで、料金以外のプロバイダ選びのポイントは、お住まいの場所や通勤ルート、インターネットの使用場所に応じて決めるのがよいかもしれません。主要都市以外で通信エリアは拡大中のWiMAXは、さまざまな場所での通信が改善されていますから、今後の通信エリアや価格が見逃せません。

最適なプランを見つけてからの比較がおすすめ!

月額の比較などをしてきましたが、もちろんプロバイダの選び方も人さまざまです。「初期費用の負担が少ない方が良い」、「即日発送でデバイスを受け取りたい」、「毎月最安値で使用したい」、そして「総額が安い方がいい」など、さまざまな視点から考えてみて、最適なプランを選びたいものです。各プロバイダの公式HPなどでチェックしても、何が最適かを悩んでしまうこともあり得ます。

キャンペーンの比較や料金の比較ももちろん大切ですが、計算したときに含まれていない金額がないようにしっかりとチェックしましょう。周囲の人が使用しているプロバイダが、自分自身や家族にとっても最適とは限らないこともあります。細かい料金や手続きにかかる費用を含め、2年~3年間の契約になることを考えて、長くお付き合いできそうな最適なプロバイダを選びましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る