WiMAXの申し込み方法を徹底比較!1番お得な方法とは?

WiMAXの申し込み方法を徹底比較!1番お得な方法とは?

25view

2018.06.18

主要なWiMAX申し込み方法とは?

WiMAXには様々な申し込み方法があります。公式サイト経由、プロバイダ経由、家電量販店経由での申し込みなどが一般的です。他にもauショップやテレビ通販番組経由でも申し込むことができます。どの申し込み方法でも、利用し始めればWiMAXの回線速度やデータ通信量の制限などは全く同じです。

公式サイト経由で申し込んだからといって回線速度が速くなったり、プロバイダ経由だからといってデータの回線制限が厳しくなったりするようなことは一切ありません。どの申し込み経由でも同じ品質のWiMAXサービスを受けられます。しかし、主に費用面などでそれぞれの申し込み方法ごとにメリットやデメリットがあります。

なんとなくWiMAXに申し込んでしまうと、知らず知らずのうちに損をしてしまっている可能性があります。この記事では、公式サイト・プロバイダ・家電量販店の3つの主要なWiMAXへの申し込み方法を比較して、月額費用などのメリットとデメリットを浮き彫りにしています。ぜひ最後まで読んでいただき、最も自分に合ったWiMAXでの申し込み方法を探してみてください。

プロバイダ経由の申し込みは最安

メリット

WiMAXを一番お得に使いたいのであれば、プロバイダ経由で申し込むのが最も賢い方法です。プロバイダは様々なキャンペーンを常時行っており、新規に申し込むだけで数ヶ月後に数万円のキャッシュバックが行われることが一般的です。2年間の総額費用を公式サイト経由で申し込むよりも、相当に費用を安く抑えられるのがプロバイダの最大のメリットでしょう。

家電量販店でも同様のキャッシュバックキャンペーンを行っていますが、実質的な2年間の総額費用で比較するとプロバイダは量販店よりも安くWiMAXを使うことができます。また、すでに自宅の固定回線のインターネット環境で使用しているプロバイダでWiMAXを申し込めば、支払いはネット回線と一緒になります。クレジットカードなどで支払っている場合は、引き落としの管理が楽になるでしょう。

デメリット

2年間の総額費用で非常に大きなメリットを持っているプロバイダ経由のWiMAX申し込みですが、デメリットも存在します。最も大きいデメリットは申し込んだ当日には使うことができないという点です。プロバイダ経由でWiMAXに申し込むとルーターがプロバイダから「郵送」で送られてきます。どれだけ早くプロバイダがルーターを発送したとしても、最短で届くのに数日はかかってしまいます。

多くのプロバイダは目安として申し込みから1週間後にルーターが届くことを想定しているので、1日でも早くWiMAXを使いたいという人にはプロバイダ経由での申し込みは向いていないかもしれません。同じく郵送でルーターを発送する公式サイト経由での申し込みに比べても、利用開始までに時間がかかってしまいます。

プロバイダ経由でWiMAXを使うことを検討している人はなるべく早く申し込むか他の方法で申し込みましょう。利用開始までに若干時間がかかってしまうことを除けば、プロバイダ経由の申し込みは他にデメリットが存在しません。総額費用の安さは右に出る申し込み方法はないため、少しでも安くWiMAXを使いたい人はプロバイダ経由での申し込み一択でしょう。

公式サイトでも申し込み

メリット

WiMAXの公式サイトよりWiMAXを申し込むこともできます。公式サイトから申し込むメリットとしては、申し込んだ当日にすぐ端末が発送されるという点でしょう。同じく郵送で発送するプロバイダと比べると、WiMAXルーターの自宅への到着が数日は早くなります。また、最新のWiMAXルーターをいち早く使えるのも公式サイト経由の申し込みのメリットの1つでしょう。

デメリット

公式サイト経由での申し込みには、プロバイダや家電量販店と比べると料金が高いというデメリットがあります。プロバイダや家電量販店は申し込み後に現金でキャッシュバックされるキャンペーンが一般的です。2年間の総額費用から3万円や4万円程度値引きされることもあります。しかし、公式サイト経由での申し込みにキャッシュバックは一切ありません。

2年間総額で15万円程度の費用が公式サイトでの申し込みではかかってしまうのに対し、キャッシュバックキャンペーンをしているプロバイダや家電量販店であれば12万円程度でWiMAXを使うことができるのです。WiMAXの月額の費用の安さを重視する人は、公式サイトを経由での申し込みはあまり向いていません。

即日で使用可能な家電量販店

メリット

家電量販店でもWiMAXを申し込むことはできます。メリットとしてはいくつか存在するので確認しておきましょう。まず最も大きいメリットは、申し込んだ当日にすぐWiMAXを使うことができるという点です。よほど閉店間際に申し込んだ場合を除き、量販店にもよりますが申し込みから1時間程度でWiMAXを利用可能です。プロバイダや公式サイト経由の申し込みは、どれだけ早くても利用開始までに数日がかかってしまいます。

それに比べると家電量販店経由での申し込みのWiMAX開通時間の速さは非常に魅力的と言えるでしょう。すぐにでもWiMAXを使わなければいけない人は、家電量販店の申し込み一択となるかもしれません。また、展示されているルーター端末を実際に店舗で手に取って触って選べるというのも家電量販店ならではのメリットでしょう。

スマートフォンなどと違いルーターは常に手にとって使うわけではありません。しかしカバンの中に入れておいたりポケットに入れておいたりしながら使うことを考えればサイズは重要です。あまりにも大きすぎたり重かったりするWiMAXルーターを避けたい人は、実際に量販店で触ってみると良いでしょう。

料金面でも公式サイトに比べるとメリットがあります。プロバイダ経由の申し込みほどではないですが、公式サイトよりはキャッシュバックキャンペーンのおかげで安く使うことができます。家電量販店のWiMAXスタッフと相談をしながら料金プランや端末を決められるという点もメリットとして見逃せないでしょう。

WiMAXはスマートフォンの価格体系やサービス体系に比べるとシンプルです。それでもこの手の通信回線サービスに対する知識があまりない人にとっては、自分がどのプランが適切なのかどうかを判断できないかもしれません。その場合は遠慮なく量販店のスタッフに相談してみましょう。時間をかけて丁寧にWiMAXについて説明してくれるはずです。

デメリット

量販店経由での申し込みはプロバイダに比べると若干2年間の総額費用が高くなってしまいます。キャンペーンでのキャッシュバック額は非常に高いものがありますが、そのキャッシュバック分を月額費用に上乗せしてしまうような家電量販店も少なくありません。

見た目のキャッシュバック額ではプロバイダを上回るものもありますが、2年間の実質的な総額費用では毎月の月額費用が少し上乗せされてしまう分、プロバイダに比べると見劣りしてしまいます。キャッシュバック額を月額費用に上乗せするため、料金体系が少しわかりづらくなってしまうのは、家電量販店経由でのWiMAX申し込みのデメリットといえるでしょう。

また、ごくまれに量販店のスタッフの中にWiMAXについてあまり詳しくない人も存在します。あくまで量販店のスタッフはWiMAXの専属サポートをしているわけではなくアルバイトです。単に申し込み手続きを代行しているだけの人もいます。

そのような人にWiMAXについて色々と質問しても、あまり詳細な答えが返ってこなかったり誤った知識で回答されたりすることもあるでしょう。原則としてWiMAXを申し込む場合は事前に自分で知識を身につけておき、適切なプランや端末などを選ぶようにしてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る