broadWiMAXは最安?比較してわかったメリットや注意点

broadWiMAXは最安?比較してわかったメリットや注意点

27view

2018.06.18

broad WiMAXの特徴とは?

broad WiMAXは他社とどこが違う?

WiMAXは、本家UQ WiMAXよりもプロバイダ経由で契約をするほうが料金がお得です。broad WiMAXは20社ほどあるWiMAXプロバイダの1つであり、月額料金の安さで知られています。公式プロバイダである「UQ WiMAX」の代理店であるbroad WiMAXは、本家UQ WiMAXと同じ回線を使用しており、利用可能エリアや通信速度などの基本スペックは全く変わりがありません。

では、一体何が違うのでしょうか。UQ WiMAXとbroad WiMAX、あるいはbroad WiMAXと他プロバイダの違いは、料金・コスパに関する面となっており、各社のメリット・デメリットをよく知らずに契約すると損をする可能性もあります。

broad WiMAXの月額料金が他より安い理由は?

「業界最安級」をうたうbroad WiMAXの月額料金は、「2,726円(税抜)」となっており、無制限プランの場合は3ヶ月目以降は3,411円(税抜)となっています。他社の月額無制限プランは4,170~4,380円なので、かなりお得なのがわかります。しかし、同じUQ WiMAX回線を使用しているのに、なぜbroad WiMAXの月額料金は他社より安く設定されているのでしょうか。それには以下のような理由が考えられます。

  • キャッシュバックキャンペーンがない
  • 高い初期費用が設定されている(後述)

他社で行われているような、高額なキャッシュバックキャンペーンを行わない代わりに、大きな月額割引が可能となっているのです。また後で述べますが、初期費用については無料にする方法があります。先に結論をいうと、初期費用を無料にできなければ、2年または3年間でのトータルの料金はさほどお得にはなりません。初期費用を無料にできるかどうかが、broad WiMAXを契約する上で一番のポイントです。

broad WiMAXのメリット

月額料金が安い

broad WiMAXのメリットとしてまず挙げられるのは、なんといっても月額料金です。broad WiMAXの最大の特徴である「月額料金」を本家のUQ WiMAXと比較してみます。

  • (7GBプラン)Broad WiMAX 2,726円 UQ WiMAX 3,696円 
  • (無制限プラン)Broad WiMAX 3,411円 UQ WiMAX 4,380円 (すべて税抜)

このように、毎月1,000円程度も割引されていることになります。単純に月々の差額を年単位で合計すると、非常に大きな金額になります。 

他社からの乗り換え違約金を負担してもらえる

WiMAXの契約期間の途中に解約をした場合、一律で違約金・契約解除料がかかります。

  • 1年以内 19,000円(税抜)
  • 2年以内 14,000円(税抜)
  • それ以降 9,500円(税抜)

となっており、これはどのWiMAXでも同じです。そのため、他のWiMAXに乗り換えるのをためらう方もいるかもしれませんが、broad WiMAXはこの違約金相当を負担してくれます。負担額は最大19,000円となっており、実質無料で乗り換えができます。WiMAXではこういったキャンペーンは珍しいので、こちらはbroad WiMAXならではのメリットといえそうです。

即日配送が可能

broad WiMAXは端末が届くまでのスピードがとても速く、すぐに使うことができます。地域によっては最短で翌日に届きます。また、都心では店舗受取サービスが開始されており、当日受け取りも可能です。全国送料無料サービスも嬉しいポイントです。

比較してわかった!broad WiMAXの注意点・デメリット

「3年」の契約プランを前提としている

broad WiMAXには、7GB・無制限プラン共に「3年」の契約期間が設定されています。以前は2年プランを選ぶことができたのですが、2018年5月現在、実質3年プランしか選ぶことができなくなりました。2年契約の場合、25、49、73ヶ月目に更新月がありますが、3年契約の場合は37ヶ月目と73ヶ月目にしかありません。無料で解約できるタイミングが非常に限られています。

初期費用が高い

broad WiMAXは初期費用が18,857円(税抜)と高額です。ここがbroad WiMAXを契約する上で一番困る点です。それにプラスして事務手数料が3,000円((税抜)もかかります。 ちなみに他社のWiMAXでは事務手数料が3,000円(税抜)のみのところが多く、初期費用は無料のところがほとんどです。

月額料金は2,726円(税抜)と安いbroad WiMAXですが、初期費用を2年(24ヶ月)で割って7GBの月額料金に上乗せすると、月々約785円加算になり、3,511円と少々お高くなります。 ただし初期費用を無料にできる条件があるので、以下の条件を満たして初期費用を無料にしましょう。

  • Webフォームから申込み
  • 料金プランは、「ギガ放題月額最安プラン」or 「月額最安プラン」
  • クレジットカード支払い
  • 有料オプション「安心サポートプラス」と「My Broadサポート」に加入

上記4点をすべて満たしていれば初期費用が0円になります。 有料オプションは「安心サポートプラス」が月額500円(税抜)、「My Broadサポート」が月額907円(税抜)、合計で1,407円となっています。コスパを考えれば、どちらも端末が届いた時点で解約することが望ましいです。必要がなければ早めにサポートセンターに電話をかけてオプションの解約をしてしまいましょう。

解約違約金が高額

2年(24ヶ月)以内に解約すると、通常の契約解除料の他に「キャンペーン違約金」が加算されます。キャンペーン違約金とは、初期費用無料のキャンペーンが適用された場合にかかる費用です。

2年以内に解約する場合、契約解除料が最大19,000円(税抜)に加えて、キャンペーン違約金の9,500円(税抜)がかかるとなると、合計で最大28,500円(税抜)の費用が必要になってしまいます。 短期間での解約はどうしても高額な費用がかかってしまうので、無料で契約解除できる更新月の25ヶ月目までを目安に、長期的な運用を前提としておきましょう。

カスタマーサポートの受付時間が短め

broad WiMAXのカスタマーサポート対応時間は、「月~土 11:00~18:00(年末年始を除く」となっています。他のプロバイダよりも対応時間、営業日が少なめで、昼間に仕事をしている場合は問い合わせがしにくいかもしれません。

時間が短いために電話が繋がらない可能性もあります。基本的にWiMAXに相談・サポートは必要ないかもしれませんが問題は解約の手続きです。解約をする場合は、余裕を持って問い合わせをしましょう。

broad WiMAXの契約・申し込み方法

利用可能エリアか確認する

broad WiMAX公式サイトにはUQ WiMAXの「エリア確認」ができるページがあります。申し込みの前にまず、WiMAXの対応エリアを確認しておきましょう。自宅だけでなく、駅や学校、職場など末端到着後に利用しそうなところを調べておくのがいいです。エリア判定が「◯」だった場合は安心して申し込みをしていきましょう。

末端やプランを選んで申し込み

broad WiMAX公式サイトから申し込みページに進んでいきます。申し込みでは「端末」「プラン」「オプション」「支払い方法」の4つを選択します。初期費用無料にするために、有料オプションの契約は必ず行い、支払いはクレジットカードを選びましょう。

口座振替にしてしまうと、初期費用が0円になりません。端末が到着したら、忘れないうちにオプションを解約しておきましょう。契約更新月をスマホのカレンダーなどにメモしておくといいかもしれません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る