WiMAXをプランで比較、各社支払い総額は

WiMAXをプランで比較、各社支払い総額は

48view

2018.06.17

各種WiMAXプランを比較してみよう

Broad WiMAX

Broad WiMAXには2つのプランがあります。1つは「ギガ放題プラン」もう1つは「ライトプラン」です。HPを見ると93%の方がギガ放題プランでの契約をしているようです。それぞれの特徴をご説明していきたいと思います。1つ目のギガ放題プランは動画やインターネット、各種SNSにゲームなどパソコンやスマホ、オンラインゲームなどとにかくたくさんネット回線を使用する方におすすめです。

通信速度、最大440Mbpsの高速通信をたっぷりと使うことができ、どれだけ使っても制限がかかりません。支払い方法はクレジットカードもしくは口座振替も対応しています。契約後、もしライトプランに変更したいとなった場合も変更が可能です。契約期間は3年となっています。

2つ目のライトプランは月間で7GBまでネット回線が利用できます。7GBを超えてしまうと制限がかかってしまいます。こちらはどういった方におすすめかというと、最低限のメールやインターネットの使用で必要最低限の利用でOKという方におすすめです。

支払い方法はこちらもクレジットカード、口座振替ともに対応しています。料金はギガ放題プランが最大3か月まで月額2,726円(税抜)です。3か月以降からは3,411円(税抜)となります。ライトプランは最大25か月2,726円(税抜)となります。25か月以降は3,326円(税抜)となります。

GMO とくとくBB

GMO とくとくBBのプランは、2つあります。1つはギガ放題プランで月間データに制限がない使い放題のプランと、もう1つが通常プランで月間データの容量が7GBのプランです。両者のプランをご説明します。1つ目のギガ放題プランは、Broad WiMAXの使い放題プランと同じで、普段からよくネットを使用する方におすすめです。

2つ目の通常プランは、こちらもBroad WiMAXと同じように7GBの通信制限が設けられています。料金はギガ放題プランが最大2か月まで月額3,609円(税抜)で3か月目∼24か月目までが4,263円(税抜)となっています。そして通常プランは最大2か月まで3,609円(税抜)で3か月目以降からもずっと料金は変わらずに3,609円のままです。

3WiMAX

3WiMAXもプランは2つあります。1つはギガ放題プレミアムプラン、そしてもう1つがライトプランです。この2つがどういった方におすすめなのかという点については先述した2つと同じですので説明は省きます。しかし、3WiMAXはギガ放題プランの中でさらに2種類のプランが用意されています。その1つがプレミアムプラン、もう1つがスタンダードプランです。

各種プランの料金ですが、プレミアムプランは最大3か月まで月額1,970円(税抜)で利用することでき、3か月目以降から24か月目までは3,495円(税抜)で利用することができます。そして25か月目以降は3,995円(税抜)で最新端末を選ぶか他回線への乗り換え保障を選ぶこともできます。こちらは4年契約となります。最大708Mbpsの高速回線を制限なしで利用することができます。

契約期間は4年となっており、契約後これからご紹介するプレミアムライトプランへの変更が可能です。そして、もう1つのギガ放題プランのスタンダードをご説明します。こちらは最大3か月まで月額2,980円(税抜)で利用できて、3か月∼24か月目までが3,615円、25か月目以降からは4,115円となっています。

こちらのプランの契約期間は2年となっています。そしてライトプランも2種類、プレミアムプランとスタンダードプランがあります。プレミアムプランは最大3か月まで月額1,970円(税抜)で3か月目~24か月目までは2,860円で使用することができます。25か月目以降は3,360円となり最新端末を貰うことができます。

また他回線への乗り換え保障を選ぶこともできます。こちらは4年契約となります。スタンダードプランは最大3か月まで月額2,980円(税抜)で3か月目∼24か月までも変わらず2,980円(税抜)で利用することができます。25か月目以降は3,480円となります。こちらは2年契約となります。

BIGLOBE WiMAX2+

BIGLOBE WiMAXのプランは3つあります。1つ目はFlatツープラス ギガ放題で、下り最大440Mbpsの高速通信回線で料金は最大2か月まで月額2,595円(税抜)で3か月目∼24か月目までは3,880円(税抜)となっています。このプランは2年契約となっています。

2つ目はFlatツープラス ギガ放題というプランで、最大2か月まで月額2,595円(税抜)で3か月から24か月までは3,880円(税抜)で25か月∼36か月だと4,380円(税抜)そして37か月移行になると月額料金から500円引きとなります。こちらは3年契約となります。基本的には長く使えば割引額は小さくなるものの、長期間の割引が適用されます。最後の3つ目はFlatツープラスです。

上記2つは通信制限が基本的にはかからないのですがこちらは月7GBのデータ制限がかかります。料金は最大2か月まで月額2,595円(税抜)で3か月目∼24か月が3,195円(税抜)25か月∼36か月は3,695円(税抜)となり37か月以降は月額からさらに500円引きで利用できます。こちらのプランの契約年数は3年となります。

WiMAXの月額料金は変化する

WiMAXの月額料金は時間が経つと変わる

お話した各社のプランを見ると、どこも2つから3つほどのプランで使い放題かそうでないかというパターンのようです。そしてもうひとつ注目すべき点が料金形態です。WiMAXは初月から3か月ほどまでにかけて基本料金から大きな値引きがあり、そこから24か月~36か月にかけて長期的な割引が続きます。

その後、契約期間が来れば契約を継続するかどうかを判断するといった形です。そのため、ご自身の契約期間と、どれくらい使うことになるのか、どのタイミングでいくらになるのかなど各社の料金体系は特に注意が必要です。

WiMAXの質は変わらない、料金重視の契約を

WiMAXで使用する環境はどのプロバイダでも同じもの

各社WiMAXを提供している会社は、どのプロバイダを選び契約をしても提供されたすえに使用できる通信環境はどれも同じです。それぞれにサポートやセキュリティ面、オプションなどの追加サービス、時々開催されるキャンペーンに差があるだけです。そのため、利用時の条件が同じであれば各種プロバイダと契約する為に比較すべきは料金だけといえます。

料金がやすかろう、だから悪かろうということはありません。低価格なプロバイダやプランを選んだ際に安いから品質が悪いのではないか、通信環境やサービス面でなにか欠陥があるのではないかなど、そういったこともないです。それぞれに独自の通信環境があるわけではありません。

各社WiMAXのプラン、総額を比較のまとめ

WiMAXは総額で判断するのが良い

これまでお話してきたことから、WiMAXは各種の複数のプランを提供し、時系列によって変化する料金体系を組んでいます。また契約年数も2年∼4年と決まっており、月額料金で支払うという形ではありますが実質、支払う総額は2年∼4年と計算することができます。

そのため、目先の月額料金だけで契約をするのではなく、年間単位での総額で大きく考えるとよりお得に、あなたに合ったサービスやオプションをもったプロバイダと契約することができるのではないかと思います。各社プロバイダでは、ここではご紹介しきれなかった様々な魅力的な独自サービスを提供しているので、その点もご自身の利用環境や頻度に合ったものを選ぶことをおすすめします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る