WiMAXの概要と比較~携帯電話・光回線・口座振替の意味

WiMAXの概要と比較~携帯電話・光回線・口座振替の意味

82view

2018.06.17

WiMAXの特徴と通話機能

WiMAX(ワイマックス)は、現在では非常によく知られたサービスとなっています。ただ、これについて、「なんとなく知ってはいるけれど、説明はうまくできない」という人は少なくはありません。まずはWiMAXについての説明をしていきましょう。WiMAXとは、非常に端的にいえば、「データ通信に特化した通信機器だ」となります。

WiMAX自体には通話機能などはなく、あくまでデータ通信をするためだけに開発されたものです。無線基地局から発せられた電波をWi-Fiルーターで受け取り、それを使って端末によるデータ通信を可能にしています。使える端末には制限はありません。携帯でも、タプレットでも、パソコンでも利用することができます。

まずは、「WiMAXと携帯電話の比較」「WiMAXと光回線の比較」「WiMAXを扱う販売窓口の意味」を紹介していきます。そしてそのうえで、「口座振替」という手段で払い込みをしたいと考える人に、アドバイスを行っていきます。WiMAXはよく携帯電話との比較もされます。何度か述べているように、WiMAXができるのはあくまで「データ通信」だけです。このため、携帯「電話」に求められる電話機能はありません。

しかし、現在ではこの「通話機能のなさ」はそれほど問題にはなりません。インターネット電話という、電話回線に頼らない通話機能が打ち出されているからです。インターネット電話は電話機能ではなくデータ通信を利用したものですから、WiMAXのみの契約であっても利用することができます。

WiMAXの場合、通話機能を必要とするプランよりも安く契約することができます。データ通信のみの利用だからです。このため、「電話はインターネット電話を利用すればよい」と考える人にとっては、現在の携帯「電話」の機能はそのままに端末を安く利用できるとして人気を博しているのです。

ただ、WiMAXにもデメリットがあります。それが、「WiMAXにはルーターが必要である」ということです。基地局から発信された電波を受け取るルーターが必須であるWiMAXのシステムでは、ルーターと端末の2台持ちを余儀なくされます。このため、荷物が多くなるというデメリットがあります。

現在(2018年4月末日)はauからのみルーターと端末が一体化したものが出されています。ただ、逆をいえば、これは「選べる会社が1つに限られる」ということです。このため、今までほかの会社のものを使っていた人などの場合は、わざわざ会社を変えなければいけないという煩雑さなどから抵抗感を覚える人もいます。

光回線の比較と「WiMAXによる比較」の本当の意味

なお、光回線とWiMAXも比較の対象として語られます。これについては、「光回線の方が、WiMAXよりも安定しており、速度も速い」ということが分かっています。ただ、光回線はWiMAXに比べて値段が高いというデメリットがあります。このため、専門家のなかには、「光回線が必要になるか、それともWiMAXの方が向いているかはその人のライフスタイルによる。

たとえば家でインターネットを使って仕事をしている人などの場合は光回線が欲しくなるが、そうではない人の場合はWiMAXで十分なことが多い。品質的には光回線の方が優れているが、そこまで高品質なものを必要とする人は多くはない」という意見を述べる人もいます。

自分のライフスタイルに合わせた方を契約する必要があります。ちなみに、「WiMAXによる比較」はしばしば話題にのぼる議題ですが、実のところWiMAXを提供している大本は日本国内ではUQコミュニケーションズであるため、WiMAX自体の比較はそれほど意味はありません。

ただ、WiMAXの場合、非常に特殊な形態で利用者の元に届けられます。WiMAXは、「大本は一つだけだが、販売窓口がさまざまな契約を自由につくることができる」という特徴を持っています。このため、通信速度は変わらなくても、金額の面や使えるデータ上限、それから縛り年数などが変わってきます。

「WiMAXによる比較」は、実際には「WiMAXそれそのものの比較」というよりも、「WiMAXを扱う販売窓口の契約プランの比較である」と考えるのが適当です。なお、「どこがよいか?」ということを考えるときは、「縛り年数」と「データ上限」で選ぶのがよいとされています。

WiMAXを扱う会社のなかには、「1度契約をすれば2~3年縛りがある」というところがあります。「1度WiMAXにしてみて、合わなかったら契約を解除したい」と考えている人にはこれは不向きです。また、「それほど多くのデータを使うわけではない」という人にとっては多すぎるデータ量は無駄になります。これらの点を考えて選んでいくべきでしょう。

口座振替とクレジットカード支払いの比較

ここまで、さまざまな面から「WiMAXと比較」をテーマにして話を進めてきました。これらを踏まえて、「WiMAXを使いたい」と考える人のために、その支払い方法について取り上げていきます。現在はさまざまな販売窓口がさまざまな支払い方法を提案しています。これはあくまで1人の専門家の所感ですが、「現在ではクレジットカードでの支払いを中心としているところが多い気がする」という話でした。

しかし同時に、ほとんどのところが「口座振替」を展開しているという事実もあります。上でも述べたように、「どのような契約形態にするか」というのは、販売窓口の自由采配に委ねられます。このため、支払い方法もまた自由に決めることができるわけです。そのなかで、「口座振替とクレジットカード支払いの両方を取り扱っている」という会社も多く見られます。

クレジットカードで料金を支払う場合、口座振替以上に販売窓口の選択肢が広いというメリットがあります。また、場合によっては、クレジットカードで支払う方が口座振替で支払うときよりもお得なサービスを受けられることもあります。加えてポイントもつくため、これの恩恵にもあずかることができます。

反対に、口座振替の場合はたとえクレジットカードを持っていなくても契約できるというメリットがあります。また、クレジットカードに対して心理的な抵抗を持つ人や、セキュリティー面での不安さを抱える人でも使いやすいのも大きな特徴です。

口座振替プランの比較

具体的に、口座振替のプランを扱っているところを見ていきましょう。たとえば、「Broad WiMAX」。この会社では、手数料200円(税抜)がかかりますが、27日または3日に振替が行われるプランを用意しています。ただしこのプランの場合、初期費用18,857円(税込)がかかるというマイナス点があります。

この「初期費用」はクレジットカード払いならば不要であることを考えるとかなり大きなマイナス点だといえるでしょう。次に「BIGLOBE WiMAX」。こちらも口座振替ができます。ただしクレジット決済ならば30,000円のキャッシュバックが受けられるのに対して、口座振替の場合は20,000円のキャッシュバックしか受けることができません。

WiMAXのなかでもよく耳にする「UQ」の場合は、26日に振替が行われます。ほかの会社と比べて月額料金がやや高いのですが、UQコミュニケーションのデータ通信サービスがWiMAXであるという信頼感からこれを選ぶのも1つの方法です。手続きはインターネットもしくは必要書類の送付で行うことができます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る